つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

過去と決別し、現在を大切に

f:id:tm2000-518:20171121221442j:plain

マイヘアを聴くと付き合っていた恋人のことを思い出す。

いや、思い出したかった。

 

My Hair is Badがメジャーセカンドアルバム『mothers』をリリースした。

 

 

「復讐」では殺したいほど好きだという男性目線、

「元彼女として」では別れているのに未だにダーリンと呼んでしまう女性目線とこれらの楽曲は今までのマイヘア節が炸裂である。

 

 

だが、今作では「関白宣言」や「いつか結婚しても」、「こっちみてきいて」で明るくポップに今の彼女に向けた愛おしさを歌う。

 

 

過去の恋人を思い出すような曲が好きだったリスナーからしたら、ポップな曲に対してあまり良い思いをしないかもしれない。

しかし、今を見つめた曲が必要なのだと作品を通して語りかけてくる。

それは、なぜか。時が止まらないからだ。

「熱狂を終え」で〈もう一瞬も止まらない〉や「シャトルに乗って」で〈時代は変わっていく〉と歌う。

そう過去に囚われて今まで生きて来たが時は止まらず、進んでいた。

止まっていたら何も変わりっこしない。だから前に進めと椎木は私たちに問いかけているのではないだろうか。

過去を思い出して泣いてもいい。だけど前は向けと。そして、目の前にいる人を大事にしろと。

 

 

これからもマイヘアを聴くと付き合っていた人のことを思い出したくなるだろ。

だけどこれからは、今を見つめて、今目の前にいる人を大切にしていきたいと思える作品だ。

 

 

 

 

My Hair is Bad

『mothers』

1.復讐
2.熱狂を終え
3.運命
4.関白宣言
5.いつか結婚しても
6.元彼女として
7.僕の事情
8.噂
9.燃える偉人たち
10.こっちみてきいて
11.永遠の夏休み
12.幻
13.シャトルに乗って

 

HP 

My Hair is Bad OFFICIAL WEB SITE

MV

「いつか結婚しても」

youtu.be

ソラニン新装版29話を読んで

‪種田が死んだ理由ってそんな理由だったのか。でもなんか分かる気もする。彼女と最期に恋人としてあった日を取り付けたのはそんな感じだったかもしれない。‬

 

 

初めて人を好きになってゆくゆくは結婚したいなって思った人がいた。

遠距離だったから月に1回しか逢えないけれども、

ぼくが就職したらぼくが住む街に越してこようかななんて言ってたし、あと2年、ぼくが就職するまで。

どこか月1回に慣れてきて、もっと逢いたいけど、そんな「ゆるい幸せがだらっと」続いてくれたらななんて。

 

今作で初めて、種田の死んだ理由が書かれていた。ぼくは種田は「事故死」だと思っていた。上の空の中突っ込んだんじゃないかって。たまたま運が悪かっただけなんじゃないかって。しかし、浅野いにおさんの見解は「願をかけ」のようだ。あの信号を渡れたら全てがうまく言ったのでないのかと。

 

 

「ゆるい幸せはだらっと」続いてはくれなかった。いつからか、気持ちはすれ違っていた。ある日LINEで距離を置きたいと言われた。だけどぼくはもう1度逢って話したいと言った。

その時ぼくは渋谷とか新宿で逢ってしまったらカフェに入って「別れよう」の言葉が聞こえそうで嫌だった。だから「江ノ島に行こう」と言った。これは間違いなく「願がけ」だった。江ノ島といういわゆる観光地に誘って「OK」が出れば、それはこれからも繋がるのではないかと。

彼女からの答えは「OK」だった。

「願がけ」が成功したと喜んだ。

 

江ノ島に行った日、どちらからも別れ話については触れずにデートした。たのしかった。仲よかった時のようで。彼女の笑顔が眩しかった。

日も暮れた海岸で「これからも宜しく」と言おうと並んで座った。すると彼女から「今日で最期にしようと思ってきた」と言われた。

 

例えば種田がトラックに轢かれていなかったとしても芽衣子さんとは別れていたんじゃないのかと思う。

 

 

「願かけ」なんて所詮「願かけ」なんだ。

自分の頑張った7割掛けの結果しかやってこない。

でもそれが「今」を生きることなんだと思う。「ちょっと先の未来を見て歩むのではなくて」

 

初恋の人は、相手の人生を大きく変えた。『ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻』

f:id:tm2000-518:20171011194108j:plain

『ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻』

 

初恋の人はいつまでたっても色褪せずに今何しているのだろ?と思い出してしまう。別れてから何年も経つというのにあなたと出会った日のことを事細かに覚えている。

初めて会ったあの日からまた次があると思って別れたあの日のことまでを。

 

『ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻』を読んだ。

ある日42歳の主人公ボクは、Facebookの知り合いかもに出てきた22歳の時に出会った初恋の人「かおり」に間違えて友人申請を送ってしまう。この過ちをきっかけとして、幼少期からかおりと出会う前、かおりと付き合ったいた時のこと、仕事、別れ後の記憶、かおり以外に初めて心が動いた人、かおりと約束した夢を叶えたこと全てが鮮明に浮かび上がる。その中で付き合っていた時には気がつけなかった、分からなかった初恋の人の尊さを悟っていく。

 

初めて人と付き合うまでは、恋人ができたらおしゃれなカフェに行って、ディズニーランドに行ってのように恋人ができたら”どこに行こうか?”と妄想を膨らませてしまう。それは、主人公も然りだが、かおりに「どこに行くかじゃなくて、誰と行くかなんだよ」と言われハッとする。どこに行くかではなく、誰と行くのかが大切であり、同じ行動でも一緒にいる人によって楽しさ嬉しさが全く別物であることを知る。

 

彼女から教わった音楽を今でも聴いている。彼女から勧められた作家の新刊は、今でも必ず読んでいる。港区六本木にいながら暑い国ことを考えるのは、インドが好きで仲屋むげん堂で働いていた彼女の影響だ。彼女はボクにとって、友達以上彼女以上の関係、唯一自分よりも好きになった、信仰に近い存在だった。ボクが一番影響を受けた人は、戦国武将でも芸能人でもアーティストでもなく、中肉中背で三白眼でアトピーのある愛しいブスだった。

本作で特にぼくが気に入った節はこれだ。節であるのに、一文のようにリズミカルに読め、正しく初恋の人に対する気持ちで好きだ。「唯一自分よりも好きになった人」と言う言い回しが心に刺さる。そして、まだ私自身が20代であるためか20年経った今でも思い続けているというのに驚かされるとともに初恋の人は大きいものなのだと再確認した。

 

本作の最後に友達申請は許可され、そしてかおりから一つだけ「いいね!」の通知が届く。それは、かおりと初めて会った日に思いつきで行った将来の夢を叶えた写真だった。初恋の人も初めて会った日に話したことを覚えていたのである。このシーンが彼女にとっても主人公が大事な存在であったことを物語っている。

 

いつまで経っても鮮明に初恋の人を思い出してしまうのは、終盤に出てくる「男は過去の自分に用がある、女は未来の自分に忙しい」からなのかも知れない。

 

『ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻』

燃え殻Twitter

twitter.com

 

過去は幻、別れは運命。

f:id:tm2000-518:20171004181213j:plain

My Hair is Bad 『運命/幻』

 

喧嘩をしたわけでも、どちらかに非があるわけでもないのに好きな人との別れを迎えてしまうことがある。

 

 

『時代をあつめて』以降、椎木は男性の目線と女性目線を恣意的に分けて曲を作るようになった。

『運命 / 幻』も同様に、カップルの別れの場面を

「運命」では、男性目線で激しく客観的に別れを描き、

「幻」では、女性目線でしっとりと主観的に別れを描いた。

 

男性目線では、初めて彼女と会った日と別れを悟る今日を比べる。

歌詞はすべて過去形で書かれ、目の前のことを淡々と映画如く客観的に描写していく。

悟っていしまった恋人との別れを逃避するために、

自分の考えを働かせないようにあくまでも他人事のように。

でもふと彼女が指輪をつけていることに気がつくも怖くて聞けずに終わらせてしまう。

 

 

女性目線では、彼氏と歩んできた今までと彼氏の気持ちを知りたかった今日を比べる。

歌詞は彼氏に語りかけながらも自分に言い聞かせるように主観的に、別れたくないと言う気持ち描写する。

〈怒ってよ 振り向いてよ 嘘つかないで傷つけてよ〉と以前みたいに接して欲しいだけなのに黙っていたら指輪に気がつかづ別れの時だと思われてしまう。

そして夢の中にだけいる好きだった頃の彼氏。それは、私の理想で、そしてそれはいつの間にか幻になっていた。

 

 

どうしてお互いに別れたくないのに終わりを迎えてしまうのだろうか。

それはきっとどこかで関係性が破綻しているのかもしれない。今までなら気軽に言えていたことが言えなくなっていたり、理想と現実が乖離してしてしまったりと。

出会いがあれば別れがある。しかし、『運命』の最後に歌詞のように〈いつでも終わりは何かの始まりへ〉である。

 

 

My Hair is Bad 

『運命/幻』

1.運命

2.

 

MV

My Hair is Bad - A面シングル「運命 / 幻」ティザー

youtu.be

 

HP

My Hair is Bad OFFICIAL WEB SITE

 

もがちゃんありがとう。

もがちゃんが脱退か。。
ただただ今は心の真ん中にポッコリと穴が空いた感じです。


今年の初めくらいから不安定な感じで不仲説とかとり出さされてたけど、否定してたからまた復活するのだと思ってました。


もがちゃんを知ったのは2012年くらいだと思う。
今まで金髪に対していいイメージがなかったけど、もがちゃんを見た瞬間から金髪いいなって思った。(ぼくが金髪に一度は染めようと思ったのもこの時です。)

とてもなく可愛いなと思いました。アイドルで推しが確定したのは、まゆゆ以来。もがちゃん以降は箱推しばかりです。

もがちゃんは、歌が上手くなく大阪野音でのライブ音源では、音程が危なっかしくて不安定なところがとても応援したくなります。そこから、どんどん歌が上手くなって上手くなるにつれ歌が難しくなっていきました。その地道さが良く。容姿だけでなく好きでした。


もがちゃんが脱退した、でんぱ組を観ることがあるかは分かりませんが、たぶん物足りないし、今までとは違う見方になると思います。まあます、タイムテーブルで真っ先に探すことはなくなると思います。(ごめんなさい。)


語弊があることを分かっていえば、前田敦子がAKBを辞めた時のような一つの時代の終わりを感じます。
もちろんこれから良い方向に伸びて欲しいですが。
でもやっぱり、ぼくの中では一区切りかなと思います。

アイドルとしてのもがちゃんは、もう見れないと思いますがアイドルになって手に入れた、「やればできる」といことを女優になっても貫いて欲しいです。
これからも応援します。

 

だけど数日は、心の真ん中にポッコリと穴が空いたままです。

 

 

 

https://ameblo.jp/mogatanpe/entry-12299302982.html

今作がBiSHの転換期か?

アーティストにとってメンバーの卒業や加入は、大きな転換期になることがある。

BiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる楽器を持たないパンクバンドだ。
BiSHの初ミニアルバム『GiANT KiLLERS』を聴くと、BiSHもメンバーの卒業、加入によって変化が起ころうとしているのではないかと感じる。

昨年初期メンバーであったハグ・ミィが卒業し、その後アユニ・Dが加入した。
ハグ・ミィは、年長者ということもあり大人の色気を前面に出し歌唱にもMCにもエロさがあった。
それに対しアユニ・Dは、面持ちも歌声も所謂アイドルのかわいさを含んでいる。

今作のiNTRODUCiNG BiSH盤は、アユニ・D加入以前にリリースされた楽曲(プロミザスターを除く)をアユニ・Dのボーカルを入れ再録した。ハグ・ミィ在籍時と今作を比べると同じ曲なのに全く違う曲のように聴こえる。ハグ・ミィ在籍時は、地に足が着いた落ち着きの中の強さとエロさと物悲しさがうつり、パンクとして昇華されている。アユニ・D版では、アユニ・Dの声が高いこともあり、地から足が離れ、か弱さを感じアイドルとして応援したいという気持ちにさせられる。

本編のGiANT KiLLERSでもアイドル性が高まったと感じられる。前半の3曲は、今までのBiSHを踏襲したパンクな曲が並ぶ。だが後半の2曲はパンク要素は薄く明るいアップテンポでキュートなポップソングとなっている。

今作では、パンクの要素もありつつもアイドルソングとしてのポップさも出てきた。
もしかしたら、今作がBiSHにとってパンクからポップへの転換期なのかもしれない。
次回作以降どのように変化して行くのかが楽しみである。

 

MV「GiANT KiLLERS」
https://youtu.be/_v0wjd45DQI

公式HP
http://www.bish.tokyo/


mini Album「GiANT KiLLERS」iNTRODUCiNG BiSH盤

01. GiANT KiLLERS
02. Marionette
03. Nothing.
04. 社会のルール
05. VOMiT SONG

iNTRODUCiNG BiSH
01. スパーク
02. BiSH-星が瞬く夜に-
03. MONSTERS
04. サラバかな
05. ぴらぴろ
06. OTNK
07. beautifulさ
08. ALL YOU NEED IS LOVE
09. DEADMAN
10. オーケストラ
11. 本当本気
12. プロミスザスター

クリープハイプはやっぱり好き!

半年ぶりのクリープハイプ

 

本編の前にはギターとドラムが出てきて、
卒業シーズンだからと「さくら」と2人のために尾崎世界観が書いたという おめでたいを連呼する曲 を行い、明日卒業式のぼくはそれだけでジーンと。

FC限定ライブだけあってセトリがバラード中心でクリープの良いところ満載。

特に初期の名曲「ねがえり」、現体制での初アルバムの最後の曲「風に吹かれて」、しまいには「ex ダーリン」とレアな泣かせる曲のオンパレードで自然と涙が。
「ex ダーリン」は、アンコール含めてラストから5曲目だったけど、「ex ダーリン」以降の曲が朦朧としてて曖昧です。笑


Tシャツは、今回のツアー限定での復刻ワンサイズ限定のもの。
5年前の大学受験の頃、クリープハイプの良さなんて何もわからずに何と無く良いから、歌詞の意味なんて分からないし、曲によっては歌詞は分からないけどメロディーラインが好きだから聴いてた時期のツアーTシャツだから感慨深いです。
5年経って色んな人に出逢って、クリープハイプの歌詞の意味を間接的に教えてもらって、今は歌詞の意味を噛み締めながら曲を理解できてる事を嬉しく思います。


これからもクリープハイプを追っていきます!!