読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

愛は、日食。

 

「日食」とは、月と太陽が重なる一瞬の出来事を言う。

 

四月になれば彼女は/川村元気を読んだ。
2年もセックスレスなのに来年の4月に結婚式を挙げる婚約者がいる主人公フジの所に、ある日、ある事件をきっかけに必然的に別れてしまった初恋の人ハルから1通の手紙が届く。そしてこの手紙をきっかけとして初恋の人との出来事を振り返り、何通かの手紙が家に届くたびに本当の愛とは何かを改めて考え直す一年が始まる。


ハルへの気持ちと婚約者への気持ちの間で本当の愛とは何か考える。しかし、愛とは何かと考えれば考えるほどわからなくなり葛藤する。愛してくれないフジに愛想を尽かして婚約者は家を出て行ってしまう。

婚約者が出て行ってからも婚約者とハルのことを交互に考えていた或る日、ハルが癌で亡くなった事をしる。そして、婚約者のベッドでハルからの最期の手紙を見つける。

 

そして、最期の手紙に本当の愛とは何かが書かれていた。


『私は愛したときに、はじめて愛された。それはまるで、日食のようでした。「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なっていたときは、ほんの一瞬。』


「日食」のようであるからこそ、「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なるのは一瞬でであること。
「日食」のようでであるからこそ、特別であるということ。
「日食」のようでであるからこそ 、その一瞬を何よりも大事にしなくてはいけないこと。
そして、「日食」のようであるからこそ、過去のもの、未来のもの、今のもの、どれもが正しくて全てが良いと思うことを肯定してくれる。

「あの時が良かった」と卑屈になることはない。
「あの時も良かった」と全てを受け入れ全てを愛すればいい。

物語は、ハルのことを忘れずに婚約者と共に過ごそうと「日食」のような現象が起こり幕を閉じる。

 

愛を日食に例えるというのは、全ての愛を肯定する唯一の言葉かもしれない。

愛は、日食。 ロングヴァージョン

ぼくにとってのハルは、間違いなく君だ。ただ、君にとってぼくはフジではない。
だけどいつだって君は別れ際にハルと同じように「幸せになってね」と願ってくれた。だから、君のためぼくににとっての愛する人を探さなくてはならないと意地を張っていた。


四月になれば彼女は/川村元気を読んだ。
2年もセックスレスなのに来年の4月に結婚式を挙げる婚約者がいる主人公フジの所に、ある日、ある事件をきっかけに必然的に別れてしまった初恋の人ハルから1通の手紙が届く。そしてこの手紙をきっかけとして初恋の人との事を振り返り、何通かの手紙が家に届くたびに本当の愛とは何かを改めて考え直す一年が始まる。

 

本当の愛とは何かと考えるなかで、「いつまでも終わることのないものだと思っていたこと」「愛とはハルといた時のことを言うのではないか?」と今を悲観しながらみていく。

だが過去は過去でしかないことも時折理解する。過去にしがみつくほどハルを追いかけることができなかったのだからと。

ハルと向き合うなかで婚約者とも深く考えるようになる。初めて会った日に彼女には婚約者がいた事を、それでも惹かれあった事を、AIのように何事もシステマティックになっていた事を。

 

初恋の人を思う事が正しいのか?
婚約者を初恋の人のように好きではないが結婚をしようと思う気持ちは正しくはないのか?
初恋の人と婚約者を両方を思う事がいけないのか?とどこまでも真面目でどこまでも卑屈なフジ。こんなフジを自分と重ねて、「君は卑屈だ」と言われたことを思い出した。

 

 


遂には婚約者も家を出て行ってしまう。と共に初恋の人が亡くなっていた事を知る。

そして、最期の手紙に次の事が書かれている。

『私は愛したときに、はじめて愛された。それはまるで、日食のようでした。「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なっていたときは、ほんの一瞬。』

「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なるのは、誰にとっても「日食」のように一瞬でであること。
そして、「日食」であるからこそ特別であるということ。
何より「日食」であるからこそ その一瞬を何よりも大事にしなくてはいけないこと。
しかし、「日食」であるからこそ、過去のもの、未来のもの、今のもの、どれもが正しくて全てが良いと思うことを肯定してくれる。

 

「あの時が良かった」というのではなく、
「あの時も良かった」と思えたら良い。

 

物語は、ハルのことを忘れずに婚約者と共に過ごそうと「日食」のような現象が起こり幕を閉じる。

 

 

 

ぼくが一番好きな一文は、ハルからフジへの最期の手紙の最期の段落である。
「いまフジが愛する人がいて、その人がフジのことを愛してくれることを願っています。たとえそれが一瞬だとしても、その気持ちを共にしたひとりの人間として。」
これがぼくの思う「エモ(い)」の日本語訳だと思う。クリープハイプのねがいりであり、SUPER BEAVERのありがとうであり、きのこ帝国の東京であり、グッドモーニングアメリカの餞の詩だ。

過去に好きだった人のことを思い出す事は悪くない。偶に思い出して、元気にやってるかなと思うくらいには。

 

ぼくが、ぼくにとってのハルに、進学する大学院が決まった事を手紙で知らせた日に、自分の事のように喜びながら電話してくれたのは、彼女がハルと同じ気持ちだったからかな。

 

君に好かれていた時のぼくを探すのはもうやめた。

だけど、いつかぼくが死ぬ時に『日食」のように君の笑顔が現れたら良いな。君が看取ってくれなくとも。

 

 

「women」ではなく「woman's」

 

スリーピースロックバンド、My Hair is Badのメジャーファーストフルアルバム『woman's』。
英語で女性という単語の複数形は、「women」だ。しかし、椎木はあえて「woman's」にした。この意味とは一体なんなのだろうか。


アルバムの前半では、別れてしまった過去の恋人との生活を鮮明に描く。彼女の下手な料理でも美味しかったこと、一緒に安い居酒屋で酔ったこと、別に特別なんていらなかった。君といれればただそれだけでよかった。君と一緒なら。
しかし、将来性のないぼくに愛想をつかして彼女は出て行ってしまう。

 

 

そして、回想シーンのように「戦争を知らない大人たち」が流れる。彼女に振られ、無気力に沈み、客観的にしか世界が見えず、無情にも時間は進んで行く様子を淡々と表現する。

 


アルバムの後半では、今の恋人とのことを過去の恋人に届かぬ声で話しかける。新しい恋人がどんな人なのか、将来のこと考えているということ、なにより過去の恋人と一緒にいた時には気がつけなかったことを今更ながらに気がついたことも。
過去の恋人に恋心はないけれど、愛が未だに残ってることを滲ませながら。

 


アルバムを通して、なぜ「women」でなく「woman's」なのか分かった。
「women」では、女性たちという意味になり恋人一人ひとりに区別がなくなってしまう。
しかし、過去の恋人も新しい恋人も椎木にとって一人ひとりが大切で一人ひとりが別々であるから「women's」なのだろう。

初恋の人


初恋の人がどうしても忘れられない。
初めてを手を繋ぎ、初めてキスをし、初めてセックスをした、なにより初めて結婚したいと思った。彼女に対するこの想いだけがあれば。


新潟県上越市出身3ピースロックバンド、My Hair is Badのセカンドフルアルバム『woman's』を発表した。ソングライターの椎木は、前作まで目の前にいる彼女だけを歌ってきた。しかし、今作は目の前の彼女のことを歌いつつも過去の彼女が見え隠れする。


初恋は、いつか終わると聞いたことがある。だけど、終わるなんて信じたくなかった。
結婚したいなって思っていたんだ。後先何も考えずに。でも君からしたら思ってるだけ。
振られて気がついたんだ。結婚して生活していくには、愛だけでは成り立たないことを。お金のこと、将来のこと言い出せばきりがない。

 

君は、何も考えていないぼくに愛想を尽かしたんだ。

 

時が流れれば、新しい恋人くらいできる。でもやっぱり君の笑顔が思い浮かぶ。別にもう君とやり直したいとは思わない。今の彼女と結婚しようかと話しもしている。だけど、ふと君の顔が思い浮かび、君が今どうしてるのか気になってしまう。


君がいたから、今の彼女と出逢えた。
君がいなかったらぼくは今の彼女と出逢うことはなかった。
たしかに君との恋は薄まった、だけど君への愛はまだ残っているよ。

 

初恋の人がいなければ、今のぼくはいない。
初恋の人を忘れることなんてできやしない。
初恋の人を想いながら生きることしかできない。

 

ぼくは、今日も初恋の人にこう言ってしまう。

「君の調子はどうだい?」