つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

今作がBiSHの転換期か?

アーティストにとってメンバーの卒業や加入は、大きな転換期になることがある。

BiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる楽器を持たないパンクバンドだ。
BiSHの初ミニアルバム『GiANT KiLLERS』を聴くと、BiSHもメンバーの卒業、加入によって変化が起ころうとしているのではないかと感じる。

昨年初期メンバーであったハグ・ミィが卒業し、その後アユニ・Dが加入した。
ハグ・ミィは、年長者ということもあり大人の色気を前面に出し歌唱にもMCにもエロさがあった。
それに対しアユニ・Dは、面持ちも歌声も所謂アイドルのかわいさを含んでいる。

今作のiNTRODUCiNG BiSH盤は、アユニ・D加入以前にリリースされた楽曲(プロミザスターを除く)をアユニ・Dのボーカルを入れ再録した。ハグ・ミィ在籍時と今作を比べると同じ曲なのに全く違う曲のように聴こえる。ハグ・ミィ在籍時は、地に足が着いた落ち着きの中の強さとエロさと物悲しさがうつり、パンクとして昇華されている。アユニ・D版では、アユニ・Dの声が高いこともあり、地から足が離れ、か弱さを感じアイドルとして応援したいという気持ちにさせられる。

本編のGiANT KiLLERSでもアイドル性が高まったと感じられる。前半の3曲は、今までのBiSHを踏襲したパンクな曲が並ぶ。だが後半の2曲はパンク要素は薄く明るいアップテンポでキュートなポップソングとなっている。

今作では、パンクの要素もありつつもアイドルソングとしてのポップさも出てきた。
もしかしたら、今作がBiSHにとってパンクからポップへの転換期なのかもしれない。
次回作以降どのように変化して行くのかが楽しみである。

 

MV「GiANT KiLLERS」
https://youtu.be/_v0wjd45DQI

公式HP
http://www.bish.tokyo/


mini Album「GiANT KiLLERS」iNTRODUCiNG BiSH盤

01. GiANT KiLLERS
02. Marionette
03. Nothing.
04. 社会のルール
05. VOMiT SONG

iNTRODUCiNG BiSH
01. スパーク
02. BiSH-星が瞬く夜に-
03. MONSTERS
04. サラバかな
05. ぴらぴろ
06. OTNK
07. beautifulさ
08. ALL YOU NEED IS LOVE
09. DEADMAN
10. オーケストラ
11. 本当本気
12. プロミスザスター