つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

あなたにとって現実とはなんですか?

 

 

あなたにとって現実とはなんですか?
あなたは何を持って現実と言いますか?

 

 

 

 

一般的に現実とは、ネットの外のことを指さと思います。
しかし、ネットの中のあなたは現実では無いのでしょうか?

 

あなたはきっとTwitterのアカウントをいくつか持っていると思います。
リア垢、趣味垢、鍵垢、裏垢。
これらが一つずつと言うわけでなく、スポーツや映画など趣味で分けていたり、大好きな仲間だけの鍵垢を作っていたり、いくつかも多種多様なアカウントを持っていると思います。

 

 

どれが本当のあなたですか?

 

 

 

 

 

 

答えは、全てがあなたです。しかし、どれもあなたではないです。

それぞれのアカウントごとに、あなたの個性が発揮されています。
これに加えてネットの外のあなたもいます。

 

さあ、さてどれがあなたにとって本当の自分ですか?

 

 

 


あなたの中で答えは出ましたか?

 

 

 

 


恐らくあなたの出した答えは間違っています。あなたは、色濃く映るものを一つを想像したでしょう。
しかし、それはあなたではありません。
本当のあなたは、全てを足したものです。
リア垢、趣味垢、鍵垢、裏垢、ネットの外、学校、会社、友人、恋人に向かう姿、家族の前での姿、全てを足したものです。

 


しかし、それを全て知るものあなた以外にはいません。

下手したらあなた自身も把握していないかもしれません。

 

 


さて、もう一度お伺いします。
あなたにとって現実とはなんですか?
あなたは何を持って現実と言いますか?

 

 

 

西片例さんの『崩れゆく輪郭の果てについて』を観て考えたことです。

youtu.be