つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

クリープハイプは武道館で解散する

クリープハイプは、解散するもしくはソロプロジェクトになる、とぼくは思っている。

こんな事をクリープハイプが大好きなぼくが思うには以下のような理由がある。

 

 

・音源を出していない

・尾崎さんのソロの仕事が増えている

春フェスに出ていない

・意味深なツアータイトル

・今、武道館を公演を行う意味

・武道館ライブのタイトル

 

 

それぞれを詳しく見ていきたい。

 

 

①音源を出していない

最後に正式な音源としてリリースしたのは、『イト』が最後である。

その後は、尾崎さんのソロでの楽曲提供やみんなの歌のタイアップしかなく、音源が出ていない段階での武道館公演は、疑問である。

今まで、新譜が発売されるごとにツアーを行ってきたが、『イト』のリリースに対するツアーが行われていないのも気がかりな点である。

 

 

 

②尾崎さんのソロの仕事が増えている

『苦汁200%』の刊行、今年に入ってダ・ヴィンチでの連載がはじまり、執筆業の活躍が目に見えている。

また、「FM802 X TSUTAYA ACCESS !」への楽曲提供、ソフトバンクの動画への出演とソロの大きな仕事が増えてきている。

その一方、バンドとしての活躍がない。

 

 

春フェスに出ていない

昨年まで出演していた「VIVA LA ROCK 2018」や「JAPAN JAM 2018」といった主要な春フェスに参加していない。

もちろんフェスに出ることが全てではないが、呼ばれないということは考えにくく断っているという方が自然であろう。

 

 

④意味深なツアータイトル

前回のツアータイトル「今からすごく話をしよう、懐かしい曲を歌うから」。

ファンと一定の距離感を取っていたクリープハイプが、ファンに寄り添ったツアーを行なった。もちろん昨年のクリープハイプモバイル会員限定ツアー「秘宝館」~満開栗の花~が大盛況に終わり、ファンのニーズが分かりこの行なった可能性もある。

 

 

 

 

 

⑤今、武道館を公演を行う意味

今武道館をやる意味とは何のだろうか?

武道館を恒例行事のように使うアーティストもいるが、

普通は一度きり、何かのターニングポイントで行うものであり、意味付けがある。

今回のタイミングというのは、クリープハイプにとって何か意味があるのだろうか?

もし意味をつけるとなると、クリープハイプの変化だろう。

 

そして、

⑥武道館ライブのタイトル

今回のタイトルは、

クリープハイプのすべて」だ。

とても意味深だと思ってしまう。

真のベストアルバム発売に合わせてのタイトルなら、まだ理解できるがこのタイミングでの「クリープハイプのすべて」とはどういう事なのだろうか?

もしかしたら、クリープハイプが一度終わること、止まることを意味してるのではないだろうか?

 

 

 

 

 もしクリープハイプが解散するなら……

もしクリープハイプの形態が変わるならば、何故発表しないか。

その答えは、「解散ライブ」と言ってくるファンではなく、純粋に好きなファンの前で伝えたいからだろう。

また、高知での弾き語りは、地方にこれから先行くことがないために行なったのではないか。

 

 

 

 

ここまで話してきて何だが、解散はないと思う。

皆さんご存知の通り夏以降のライブの日程が告知されている。そのため、『クリープハイプ』という名前は無くなる事はないだろう。

しかし、ソロ活動に移行する可能性はある。武道館でバンドとしてのクリープハイプを解散させ、銀杏BOYZのようにソロ活動になるのではないだろうか。

ソロ活動であれば、楽曲提供やコラボ、執筆に関しても今まで以上に精力的に行えるというメリットもある。

 

 

 

 

もちろん、ぼくも明日の武道館でクリープハイプが解散することもソロ活動になることも活動休止する事は望んではいない。

しかし、最近のクリープハイプの動向とライブタイトル「クリープハイプのすべて」が気になって仕方がない。

 

 

 

 

 

PS

実は今まで制作期間で、アルバムの発表があれば嬉しいな。