つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

好きなことを誰かに言うこと。

f:id:tm2000-518:20180702175657j:plain

 

好きなことを、人に伝えるのって勇気のいることです。
誰かに批判されるのは嫌だし、誤解されたりするのもいや。ましてや、変に囃し立てられちゃったりもする。

 

ぼくも、高校生の頃は音楽聴くことを人に言っていなかったときもあるし、言ったとしてもぼくの思う精一杯のメジャーなアーティストの名前を言っていた。(知らないの言って引かれるのが嫌だった。)
もちろんそれで、普段の生活はなんとなくいい感じに進む。
だけれども、たまにバンドを聴くだけで「ロックなんだ」という訳の分からない烙印を押される。なぜこの場合烙印なのかと言えば、ロックに対する考えが“乱暴”や“浮世離れ”って思われているから。

 

そんな感じで、隠して生活していた頃流行りだしたSNSSNSにいる人は、そんな人ばかりだった近くに音楽のこと話せる人なんていなくて、話したくて仕方ない人ばかりだったから、自分の好きなものを伝えれば数珠つなぎに沢山の音楽を知ることができたし、自分の好きなものに対して年齢関係なく意見をぶつけ合えたのは楽しかった。

 

大学に入ってからは、自分の好きなことを言うことにした。もちろん自分が好きなものに反応してくれる人なんてまあいるわけがない。笑

けど、好きなものを隠すのをやめると回り回って仲良くなることができた。同じ研究室のやつとは、本当色々ロックやアイドルについて深く話した。
今の環境でも意外と「元軽音部でした」とか、「あんまり詳しくないけどこんなバンド聴きます」と言ってもらえるようになって話が広がることがあった。大学の教授ともそれで仲良くなったし。もちろん、自分から言わなかったら起こらなかったこと。

 

最初にも、書いたように自分のすきを人に伝えるのは怖いです。今でも否定されるのかなと言うこともあるけど、新しい人との繋がりになったら面白いなって思って話します。
色々な人と出会った中で、この人ならこの程度の話をしても大丈夫かな?って言うのは見抜けるようになりました。相手も探り探りなところがあるから、ちょっとずつ、バンドの知られている度合いを下げていったりもして。

 

リアルに会って話すでも、文章とかTwitterとか、ブログでもなんでも人と議論するのはいいことだと思います。自分の思いを言葉にするのって楽しいし、新しい考えも生まれるので。
四月に解散したバンドのことをブログやツイッターに投稿したら、間接、直接両方あったけど、議論が生まれたのはよかった。

 

 

克服策は、言ってしまえば無いです。
話してみないとどうしようもあります。
だけれども、この質問を送ってくれた方は話したいと思っているからこの質問を送ってくれたのだと思います。身近な人に話しかければ話を聞いてくれるはずです。

あなたよ周りにはきっと話しやすい人がいるはずです。まずは、そういう人に話してみたらどうですかね。慣れていけば、もっといろんな人に話しかけられると思います。
もちろん、ぼくに直接話しかけてくれたらめちゃくちゃ喜ぶのお待ちしています。直接が嫌なら質問箱に話しかけてくれればお答えします。

 

是非いろんな人と音楽について話してください!!