読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つばさブログ

音楽を聴いて思ったこと、本を読んで思ったこと

愛は、日食。

 

「日食」とは、月と太陽が重なる一瞬の出来事を言う。

 

四月になれば彼女は/川村元気を読んだ。
2年もセックスレスなのに来年の4月に結婚式を挙げる婚約者がいる主人公フジの所に、ある日、ある事件をきっかけに必然的に別れてしまった初恋の人ハルから1通の手紙が届く。そしてこの手紙をきっかけとして初恋の人との出来事を振り返り、何通かの手紙が家に届くたびに本当の愛とは何かを改めて考え直す一年が始まる。


ハルへの気持ちと婚約者への気持ちの間で本当の愛とは何か考える。しかし、愛とは何かと考えれば考えるほどわからなくなり葛藤する。愛してくれないフジに愛想を尽かして婚約者は家を出て行ってしまう。

婚約者が出て行ってからも婚約者とハルのことを交互に考えていた或る日、ハルが癌で亡くなった事をしる。そして、婚約者のベッドでハルからの最期の手紙を見つける。

 

そして、最期の手紙に本当の愛とは何かが書かれていた。


『私は愛したときに、はじめて愛された。それはまるで、日食のようでした。「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なっていたときは、ほんの一瞬。』


「日食」のようであるからこそ、「わたしの愛」と「あなたの愛」が等しく重なるのは一瞬でであること。
「日食」のようでであるからこそ、特別であるということ。
「日食」のようでであるからこそ 、その一瞬を何よりも大事にしなくてはいけないこと。
そして、「日食」のようであるからこそ、過去のもの、未来のもの、今のもの、どれもが正しくて全てが良いと思うことを肯定してくれる。

「あの時が良かった」と卑屈になることはない。
「あの時も良かった」と全てを受け入れ全てを愛すればいい。

物語は、ハルのことを忘れずに婚約者と共に過ごそうと「日食」のような現象が起こり幕を閉じる。

 

愛を日食に例えるというのは、全ての愛を肯定する唯一の言葉かもしれない。